対応疾患

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

このようなお悩みございませんか?

  • 少し歩いただけでもすぐに疲れてしまう
  • ブロック注射をしてどうにか仕事ができている
  • 起き上がりが辛い
  • 腰を反らせたり、捻らせると痛みが出る

脊柱管狭窄症の原因

マッサージや鍼、整体、薬、電気療法を受けても改善しない。
病院や整骨院に通ったが改善しない。
何回か治療したりすれば、一時的に症状がよくなることはよくあることです。
しかし長続きせず再発に悩んでいませんか?
それはあなたの根本の問題がよくなっていないからなんです。
痛みを起こしている原因はいくつかありますが、
その根本原因は長年の様々な癖にあります。

脊柱管狭窄症はヘルニアやすべり症と同様、腰部の背骨の間が狭くなり、神経が圧迫されることによって起こります。
腰の痛み、足の痺れ・痛み、お尻の痺れ・痛み、歩行障害、足の筋力低下、感覚障害、排尿・排便障害など、下半身の不具合が主な症状です。
姿勢の歪み、首や腰、骨盤など股関節周囲の関節や筋肉の緊張によって起こることが多く、マッサージを行っても一時的にしか解消できません。

また大きな要因としては2つ挙げられます。

神経根型

背骨から出ている神経の根本部分が圧迫されて起こります。
左右どちらかの神経根が圧迫され、片足に痛みや痺れが生じてきます。

馬尾型

馬尾という神経の束になっている部分全体が圧迫を受けることにより、両下肢、会陰部、大腿の内側に痺れや痛み、お尻の部分から両側の足に痛みや痺れが起こります。
悪化すると感覚障害につながることもあります。

脊柱管狭窄症は、生まれつき脊柱管が狭くなっているなど先天的なものもありますが、ほとんどは加齢や運動不足による筋力低下、日常生活で起こる不良姿勢による後天的な原因によって発症します。
つまり、背骨の間が狭くなるような姿勢や身体の使い方を多くしていることにより引き起こるのです。
また、単に筋肉が落ちているわけではなく、腹部のインナーマッスルが使われてないことによって腹圧の低下してしまうと、反り腰が悪化し、脊柱管が圧迫されます。
また、腰部の椎間板は80%水分でできているため、普段水分をあまり取られない方は椎間板の弾力が低下してしまい、脊柱管の圧迫が悪化してしまうこともあります。
普段の姿勢だけでなく、水分の摂取量が狭窄症の原因になるのです。

脊柱管狭窄症の改善法

まずはどこが原因で痛みやしびれが発症しているかをヒアリングなどで確認し、筋膜・骨盤・背骨の調整、日常生活での姿勢や歩き方などのアドバイスを通して改善していきます。
特に、歩行と姿勢の矯正は重要です。
脊柱管狭窄症のほとんどは歩行に問題が出てくることが多く、そこを正しく修正していけば、痛みやしびれの改善につながっていきます。