対応疾患

側弯症

側弯症

このようなお悩みございませんか?

  • 慢性的な腰痛による悩み
  • 以前より身長が縮んだ気がする
  • 自律神経省などの不具合が一向に改善しない
  • ぎっくり腰の多発
  • 鏡で見たときの自分の姿が左右非対称

側弯症の原因

マッサージや鍼、整体、薬、電気療法を受けても改善しない。
病院や整骨院に通ったが改善しない。
何回か治療したりすれば、一時的に症状がよくなることはよくあることです。
しかし長続きせず再発に悩んでいませんか?
それはあなたの根本の問題がよくなっていないからなんです。
痛みを起こしている原因はいくつかありますが、
その根本原因は長年の様々な癖にあります。

側弯とは背骨がまがってしまう症状で、背骨の歪み、ねじれにより背中が隆起したり、脊柱が弯曲する状態を指します。
側弯は原因が複雑で症状の改善が非常に難しい疾患になります。
現在も詳しいことはわかっておりませんが、スポーツや生活習慣、脚長差や股関節疾患による骨盤傾斜などの何らかの原因や、ねじれの蓄積によって生じたり、先天的なものもあれば、突発的に発症するものもあるのです。
ですが、わからないといって放っておくと症状が現状よりも悪化してしまうことが多いため、すこしでも早く改善していくことが重要となります。

側弯症の改善法

側弯は大きく2つに分類されます。

  • 特発性側弯症
  • 症候性側弯症

特発性側弯症は、乳児期〜思春期までに発症し成長完了と共に進行が止まっていきます。
装具療法が主な対応になります。
症候性側弯症は、成人以降に発症する事が多く、徒手療法の適応になります。
当院で主に施術を行うのは成人以降の側弯になります。
その中でも1番多いのが「変性腰椎側弯症」です。

中年以降の女性に発症する事が多く、

  • 椎間板の狭小化や関節の変形
  • 腰椎の横方向へのすべり
  • 背骨の回旋

以上の影響で背骨に側弯変形が生じてきます。
これが、成人してからの身長縮小や慢性的な腰痛などの様々な悩みの原因の正体です。
まずは骨盤と背骨の傾きを矯正していきます。
わかりやすく例えると骨盤とは”家の骨組み”であり”土台”なのです。
その土台が歪んで傾いてしまうと柱である背骨が傾き、重力によってどんどん歪み、壊れ、崩壊してしまうのです。
なのでまずはこの2つを正しい位置に矯正することが重要となってきます。
次に左右の筋肉のアンバランスを修正していきます。
曲がった状態で骨の表面・深部と多く付着した筋肉の筋膜を調整していきます。
全身のボディスーツと言われる「筋膜」を調整することによって全身の大きな歪みにダイレクトにアプローチすることが可能なのです。
最後に背骨の歪みを矯正していきます。
側弯は「骨盤の後傾」という骨盤が後ろに倒れた姿勢からも生じやすいため、左右方向だけでなく背骨の前後と捻れる方向へのアプローチを行い、お身体を調整していきます。