対応疾患

膝痛・股関節痛

膝痛・股関節痛

このようなお悩みございませんか?

  • 立ち上がり時に膝が痛む
  • 膝が曲がりきってしまい、伸びきらない
  • ヒアルロン酸を注射しても、痛みが再発してしまう
  • 膝・股関節が痛すぎて歩けない
  • 痛みで足を伸ばして寝れない
  • 足が痛くて段差や階段が辛い
  • 膝が痛くて正座ができない

膝痛・股関節痛の原因

マッサージや鍼、整体、薬、電気療法を受けても改善しない。
病院や整骨院に通ったが改善しない。
何回か治療したりすれば、一時的に症状がよくなることはよくあることです。
しかし長続きせず再発に悩んでいませんか?
それはあなたの根本の問題がよくなっていないからなんです。
痛みを起こしている原因はいくつかありますが、
その根本原因は長年の様々な癖にあります。

ひざの痛みの原因が、軟骨のすり減り、関節の変形だと言われてしまい改善を諦めてしまった人もいるのではないでしょうか?
ですが、痛みの原因はそこではないのです。
軟骨には痛みを感じる受容器がないため、すり減って変形してしまったとしても、痛みが生じるわけではありません。
軟骨が完全にすり減ってしまい、変形が骨にまで到達すると、軟骨下骨という部分で強い痛みが発生することもありますが、それはとても珍しいケースなのです。
実は、膝の痛みの原因のほとんどは筋膜と筋肉にあるのです。
手術が必要なほど変形が進行している「変形性膝関節症」というケース以外であれば、痛みの根本に適切にアプローチさえすればあなたの膝の痛みは改善していきます!

ひざの痛みに悩まれている方の多くは

  • 歩き始めや立ち上がる時
  • 階段を降りる時
  • 次の動作に移る時

何かアクションを起こそうとする時に痛みが走ることが多いと思います。
その痛みは、次第に強くなって慢性的な症状へと進行してしまいます。
ひざの痛みは「歩き」と密接な関わりがあります。
原因のひとつとして、内反変形によるO脚からの膝の内側に痛み、外反変形によりX脚による痛みがあり、変形性膝関節症の方のほとんどの方に、外反母趾や浮き指という足指がしっかりと地面に着時できていない状態の方が多くいらっしゃるのです。
足に不具合があると歩く際に左右へのブレが生じやすくなり、膝関節に大きなストレスがかかったり、股関節がうまくひらかない場合も着地時のショックがうまく吸収できず、ひざ関節に負担がかかっていくのです。
このようにしてひざへのストレスが蓄積し、一定ラインを超えるとそれが「ひざの痛み」として現れてくるのです。

膝痛・股関節痛の改善法

痛みが歩行と密接な関係があることから、きちんとした歩行へと矯正はもちろん、筋膜・骨盤・膝関節を調整をおこない、元の正確な位置へと戻し、膝関節が滑らかに動くよう調整していきます。
また、身体の土台である骨盤、柱である背骨の歪みを整えて、あなたの身体の根本を調整し、元の位置へともどしていきます。
このような多岐に渡るアプローチを実施して、ひざ関節への悪い影響を取り除き、負担のない状態を作っていく事で身体の不具合の改善を図っていきます。